甘い告白:チーズケーキのお菓子言葉に秘められた思い

※本ページはプロモーションが含まれています

ショートストーリー 「この物語はフィクションです」

かつて、言葉などなくとも、甘いお菓子がもたらす静かな語り口はあると信じられていました。その中でも、チーズケーキは特別な存在として注目されていたのです。なぜなら、チーズケーキには明確なお菓子言葉が存在しなかったから。言葉を超えた、そのクリーミーさと優しい味わいが、どんなメッセージよりも心を伝える力を持っていたのです。

小さな町の片隅にある洋菓子店「クレールの隠れ家」。店主のクレールさんは、チーズケーキの達人として知られ、彼女の手作りチーズケーキは町の人々に愛されていました。あるバレンタインの日にも、様々な思いを込めた人々が彼女の店に訪れます。

最初に店を訪れたのは、そわそわとした表情の高校生、ユウキ君でした。恥ずかしそうに店内を見渡し、ついにクレールさんに声をかけます。「えっと、彼女がすごくチーズケーキが好きで、特別な意味はないんですけど、好きって気持ちを伝えたいんです。」

クレールさんはにっこり微笑みながら、レアチーズとベイクドの二層のチーズケーキを箱に詰めました。そのチーズケーキには、ユウキ君の純粋な気持ちが込められていたかのようでした。

次に訪れたのは、いつも元気いっぱいのサキちゃん。彼女は大きな笑顔でクレールさんに話し始めます。「私、友達に感謝を伝えたくって。チーズケーキって、特に意味はないんだけど、それがいい

限定時間セールをお見逃しなく(^_^)/
目次