\ ポイント最大11倍! /

スマホはどうする?

※本ページはプロモーションが含まれています

ショートストーリー 「この物語はフィクションです」

海水浴日和のある夏の朝、田中家は久しぶりに家族全員で海へ出かけることにしました。父の太郎、母の花子、そして小学生の息子、翔太の三人です。田中家にとって海は特別な場所でした。特に、翔太は砂浜で遊んだり、貝殻を集めたりするのが大好きでした。

朝早くから出発し、車で1時間ほどのドライブの後、ようやく目的地のビーチに到着しました。海岸はまだ静かで、人もまばらでした。空は青く澄み渡り、波の音が心地よく響いていました。

「わーい!海だ!」翔太は車から飛び出すと、すぐに砂浜を駆け回りました。太郎と花子も笑顔でその姿を見守りながら、ビーチチェアやパラソル、クーラーボックスなどを準備しました。

ビーチに着いたら、家族みんなで泳いだり、ビーチボールで遊んだりしました。花子はその間、スマホで写真を撮りまくり、家族の思い出をたくさん残そうとしました。

「ちょっと、花子。スマホばかり見てないで、もっと楽しもうよ。」太郎が笑いながら声をかけました。

「ごめんごめん。でも、この景色と翔太の笑顔を撮っておきたいの。」花子も笑顔で答えました。

お昼を過ぎた頃、花子はふと気が付きました。「あれ、スマホがない!」

ビーチバッグを探しても、砂の中を見ても、スマホは見当たりません。家族全員で探し回りましたが、見つかりませんでした。

「もしかして、海に流されたのかも…」翔太が心配そうに言いました。

花子はがっかりしていましたが、太郎は彼女の肩を軽く叩いて言いました。「まあ、スマホはまた買えばいいさ。せっかくの海水浴なんだから、気にせず楽しもう。」

その言葉に励まされ、花子も気持ちを切り替えました。翔太も「そうだね、ママ。大丈夫だよ」と微笑みました。

その後、家族は再び遊びに没頭しました。砂の城を作ったり、海の中で浮かんだり、無邪気な時間を過ごしました。

夕方になり、そろそろ帰る準備を始めることにしました。荷物をまとめていると、翔太が何かを発見しました。「あ、これ!」

翔太が砂浜で見つけたのは、花子のスマホでした。砂の中に埋まっていたのを偶然見つけたのです。

「良かった、見つかったね!」花子は大喜びで翔太を抱きしめました。

しかし、スマホは砂と水にまみれており、もう動かない状態でした。花子は少し残念そうでしたが、太郎は笑顔で言いました。「まあ、これも一つの思い出だよ。今日は本当に楽しかったね。」

帰り道、家族全員がほっこりした気持ちで車に乗り込みました。スマホが見つかったことも嬉しかったですが、それ以上に家族と過ごした時間が何よりの宝物だと感じました。

家に帰ると、花子は新しいスマホを買うことを決めました。でも、今日はスマホが壊れてしまったおかげで、家族と一緒に過ごす時間の大切さを再確認できた気がしました。新しいスマホが手に入っても、その思い出は心の中にしっかりと刻まれたままでした。

それからというもの、田中家では海水浴に行くたびに「スマホはどうする?」という話題で笑い合うようになりました。そして、家族全員が同じ答えを言います。「スマホより、家族との時間が一番大事。」

その夏の日の思い出は、田中家にとって一生の宝物となり、何年経っても色褪せることなく、いつまでも心に残り続けました。

目次