オランジェットのお菓子言葉で紡ぐ感謝の物語

※本ページはプロモーションが含まれています

ショートストーリー 「この物語はフィクションです」

ある町のお菓子屋さん「オランジェット」では、何気ない一日が幕を開けた。このお店では、美味しいお菓子と共に、ひとつだけキセキ的で特別な言葉をお客様に届けるサービスがあった。その名も「お菓子言葉」。

お店のオーナーである美奈子さんは、朝から店内をきれいに掃除をしていた。お菓子の材料を丁寧に整理し、可愛らしい小箱にお菓子を詰めた。今日もたくさんの楽しい出会いや、心温まるエピソードが待っていることを期待して心躍らせた。

午後になり、オランジェットにはさまざまな人々が訪れた。

まずは、歳相応の小さな男の子が走り込んできた。彼の名前は翔太で、毎週このお店で買い物をする常連客だ。今日のお菓子言葉は「友達」と書かれていた。翔太は微笑んで、お菓子をふたつ買い求めた。もちろん、もうひとつは新しい友達に渡すためだった。

次に、小さな女の子が訪れた。彼女の名前は莉子で、翔太と同じ学校に通っていた。莉子はお店の中でためらいながら、その時目に留まったお菓子の言葉は「ありがとう」。莉子は迷わずそのお菓子を手にとり、帰り道に出会った翔太に渡した。翔太は驚きながらも、顔を赤くして喜んだ。

その後も、お店には次々とお客様が訪れ、お菓子言葉に様々な人々のドラマが紡がれていった。

夕方になり、お店も閉店の時間が近づいてきた。その時、年配の女性が店に入ってきた。彼女はお婆ちゃんと呼ばれていて、孫たちがこの町を出てからは一人暮らしだった。今日も慎重にお菓子を選んでいるが、お菓子言葉に目を向けると「家族」と書かれていた。

お婆ちゃんは涙をぽろりとこぼしながら、お菓子を購入した。「あ、これをどうかお孫さんたちに届けてください」と、美奈子さんにお願いした。美奈子さんは優しく微笑んで「もちろん、私たちのお菓子言葉の力で、心を込めて送り届けます」と答えた。

その日、オランジェットは定時に閉まった。ただ、いつものように店内には残ったお菓子の香りと、たくさんの幸せな想い出が詰まっていた。そして、美奈子さんの両手には新たな「お菓子言葉」が握られていた。「明日、きっともっと素敵な言葉で皆さんを幸せにできたら」と、彼女は空を見上げながら祈った。

限定時間セールをお見逃しなく(^_^)/
目次